Bags Meets Wes!





Milt Jackson and Wes Montgomery 1962

S.K.J.


Milt Jackson -- vibraphone/Wes Montgomery -- guitar/Philly Joe Jones -- drums
Sam Jones -- bass/Wynton Kelly -- piano

ブルースだね~

いい感じです…

このジャケットに見覚えがある方は多いのでは?







懐かしい…
たまにこれを見かけると聴きたくなります。
なんか気持ちよかったなあ、いいアルバムだったなあ… って感じですけど、
絶対いいって言えます。     

自分からリクエストした記憶は無いのですが、何度も目にし、耳にしてます。
ジャズ喫茶に行ってれば、普通にモノホン聴かせてくれる所なら大抵の店でこれが流れてた筈。
その度に、ウゥ!イエイ!いいね~~~って心で言ったか、実際に言ったか、それはそのお店の雰囲気もありますし、そこは空気読むので、まあ、いづれにしてもそんな気分が身体中充満したような…。


身体って嘘付かないんだよね。

頭の中に情報みたいな知識は全くないし、たまにジャケ読んでも忘れてます。

身体が覚えて、そのジャケにパブロフの犬みたいな反応をするんですよね~

だからレヴュー的な事は書けないし言えませんし、どうだっていいかもね~

今日聴きたかったのをアップ! これmy基本スタイルです。


  
  
                                              
M.J.Qのミルト・ジャクソンのヴァイブ         オクターブ奏法のウェス

ホントに名盤ってあるんだなあって改めて思ってしまう
ジャケットもいいですよね。

ベースがサム・ジョーンズ、ピアノがウイントンケリーですし、ドラムはフィリー・ジョー

粋でカッコいいし、身体は揺れちゃうし、あったかいなあ


Jingles





これは聴き覚えがあるのでは?

イカしてるよ(古語ですか?)




今日はこのアルバムでスタートして
午後の野球へと

まだごはん食べてないよ~~

後で何か追加するかも

ごめんね~~
時間切れ…




寝てたわけじゃないけど…



励みになります
よかったらクリックしてね

https://baseball.blogmura.com/lions


こちらFC2のブログも良かったらご覧下さい。

http://saramartin.blog.fc2.com/







関連記事
スポンサーサイト